ウクライナ支援チャリティー公演、盛況の内に終了

劇団かかし座、欧州ツアーメンバーによるリトアニアでのウクライナ支援チャリティー公演はおかげさまで無事に終了しました。

集まったお客様は皆とてもパワフルで、ショーを大変盛り上げてくださいました。
皆さん、言語を越えたかかし座の手影絵パフォーマンスを心から楽しんでいただけたご様子で、カーテンコールではスタンディングオベーションをいただけました。

終演後はウクライナの子ども達と手影絵のワークショップを開催し、日本から持参した「おもしろ影絵ブック」(劇団かかし座代表、後藤 圭 著)をプレゼントしました。

終演後のウクライナ人のご家族とのワークショップの模様
ウクライナの子どもたちも笑顔で手影絵を楽しんでくれました

ウクライナからのお客様は、昼の回と夜の回あわせて36名にご参加いただけました。
チケット代の収益は2883€となり、日本円にして約393,000円がASSITEJ Ukraine(「国際児童青少年舞台芸術協会」のウクライナセンター)に寄付される運びとなりました。

本公演の実施にあたり、ご支援いただきました皆さまにおかれましては、本当にありがとうございました。チャリティー公演は終了しましたが、クラウドファンディングは5月23日まで継続して実施しております。引き続きのご支援、情報拡散を賜りたく、何卒、宜しくお願い申し上げます。

プレゼントした「おもしろ影絵ブック」と

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。