今秋放送のWOWOW連続ドラマW「グーグーだって猫である」にかかし座が影絵で協力しています!

Pocket

「グーグーだって猫である」は、コミックとしてはもちろん、
小泉今日子主演で2008年に公開された映画も大ヒットした、漫画家・大島弓子の自伝的コミックエッセイです。

映画と同様、犬童一心監督が手がける今回のドラマは、主人公に宮沢りえを迎え、原作の世界観を踏襲しながらも連続ドラマとして新たなアプローチで再構築されたオリジナルストーリーになるとのこと。
そんな楽しみなドラマに、かかし座が影絵で協力しています!
(ほんの少しですが、気付いて頂けるでしょうか!?)

撮影では今までにない斬新なイメージの影絵表現も取り入れ、仕上がりがとても楽しみなものになりました。犬童監督も、手影絵の動物に演技を付けたのは初めてでは!?

WOWOWドラマのため、視聴には加入登録が必要となりますが、よろしければ是非ご覧ください!
加入方法等については番組サイトをご覧ください。
(※第1話は無料放送です)

犬童監督とかかし座メンバーで、撮影終了後の一枚!

— WOWOW番組サイトより —

少女漫画界の巨星・大島弓子が、飼い猫との愛しい日々をつづったコミックエッセイを宮沢りえ主演でドラマ化。映画版と同じく犬童一心監督が手掛けるオリジナルストーリー。

<ストーリー>
吉祥寺に住む小島麻子(宮沢りえ)は、人気連載を持つ少女漫画家。締め切りに追われる多忙な日々の中、長年共に暮らしてきた愛猫のサバが突然息を引き取ってしまう。以来、漫画が描けなくなり、食事ものどを通らなくなる麻子。心配した担当編集者・大森の勧めで一軒家に引越しをしたものの、依然として生活のペースは戻らない。
ある日、井の頭公園を散歩していた麻子は、病気の子猫を連れたホームレスと出会う。彼と何度か顔を合わせるうちに、子猫の病気を治してあげたいと思い始めた麻子は、ホームレスに無断で子猫を病院に連れて行くのだが…。

原作:大島弓子(「グーグーだって猫である」角川文庫)
脚本:高田亮(『婚前特急』『午前3時の無法地帯』『わたしのハワイの歩きかた』)
監督:犬童一心(『ジョゼと虎と魚たち』『グーグーだって猫である』『のぼうの城』)
音楽:高田漣(『横道世之介』『箱入り息子の恋』)
出演:宮沢りえ ほか

kakashizaについて

劇団かかし座は、日本で最初にできた影絵の専門劇団です。(1952年創立) 影絵の世界は人々の心を無限の想像へ駆り立てる、ふしぎな性質と魅力をもっています。 この性質と魅力をもって「たくさんの人々の心に夢を育てたい」という思いで、創立以来独自の手法で影絵の世界を拓き、多くの作品を生み出してきました。 現在は影絵の映像手法を積極的に採り入れた舞台作品をはじめ、出版、テレビ、映像作品などの総合エンターテイメントを全国に発信しています。 かか し座は、影絵による総合パフォーマンスを発信しています。 ・影絵ビジュアルの制作、提供 ・影絵劇の制作、上演  ( 小 学校・幼稚園・保育園での演劇鑑賞教室や観劇会、ホール公演など) ・手影絵パフォーマンスの制作、上演 ・TV・映画・ミュージックビデオ・WEB・書籍等への出演、指導、監修