2014年最初の海外公演 マカオ芸術祭で「Hand Shadows ANIMARE」!

Pocket

ヨーロッパ・南米各国のフェスティバル招聘作品
「Hand Shadows ANIMARE(ハンド・シャドウズ・アニマーレ)」
海外公演が今年も決定!

劇団かかし座(所在地:神奈川県横浜市、代表:後藤圭)が2009年に制作した手影絵パフォーマンス作品「Hand Shadows ANIMARE」は、ドイツでの初演以来、毎年ヨーロッパ、南米で公演ツアーを行ない、高い評価を得てきました。
2014年は、アジア地域では初上演となる、マカオ・アーツフェスティバル(5月)への招聘公演を皮切りに、3度目となるブラジルツアー(9月)、現地の劇団との交流ワークショップも予定されている韓国ツアー(10月)等を予定しています。

<Macao Arts Festival~ 概要>
フェスティバル開催期間:
2014年5月2日〜6月8日

劇団かかし座公演日程:
「Hand Shadows ANIMARE」
5月10日〜11日 15:30 / 20:00
5月12日〜14日 20:00

「影絵体験ワークショップ」
5月10日〜11日 11:00

マカオ・アーツフェスティバルは、地元のアーティスト達のプラットフォームを確立することを目的に1988年に誕生。以来四半世紀にわたり「国内芸術の発展、世界の優れた作品の普及と中国文化のプロモーション」を目指し、力を注いできた歴史ある芸術祭です。
25周年記念となる今回のフェスティバルでは、合計で31作品もの多様なプログラムを用意。また、市民に文化的・芸術的な体験を提供する200以上のイベント(アウトリーチプログラムや展示等)が企画されています。
尚、劇団かかし座は当初予定していた6公演が早々に完売し、追加公演を行なうことになっております。

<「Hand Shadows ANIMARE」〜概要>
パフォーマーの手や身体だけで様々な動物等のシルエットを生み出し、生き生きと演じるかかし座の手影絵は、コブクロ『蕾』のプロモーションビデオや、NHKみんなのうた『ゆらゆら』など、様々なメディアで取り上げられています。
この“手影絵”のみで構成されたステージが、劇団かかし座の「Hand Shadows ANIMARE(ハンド・シャドウズ・アニマーレ)」です。
現在、本作品のように手影絵によるアンサンブルを演じる劇団は国内ではかかし座のみ、海外でも極めて珍しく、オリジナリティーの高い作品となっています。
2009年のドイツでの初演以来、ヨー ロッパ各国、南米から招聘され、世界のフェスティバルでも大好評を博してきました。

kakashizaについて

劇団かかし座は、日本で最初にできた影絵の専門劇団です。(1952年創立) 影絵の世界は人々の心を無限の想像へ駆り立てる、ふしぎな性質と魅力をもっています。 この性質と魅力をもって「たくさんの人々の心に夢を育てたい」という思いで、創立以来独自の手法で影絵の世界を拓き、多くの作品を生み出してきました。 現在は影絵の映像手法を積極的に採り入れた舞台作品をはじめ、出版、テレビ、映像作品などの総合エンターテイメントを全国に発信しています。 かか し座は、影絵による総合パフォーマンスを発信しています。 ・影絵ビジュアルの制作、提供 ・影絵劇の制作、上演  ( 小 学校・幼稚園・保育園での演劇鑑賞教室や観劇会、ホール公演など) ・手影絵パフォーマンスの制作、上演 ・TV・映画・ミュージックビデオ・WEB・書籍等への出演、指導、監修