かかし座×くら寿司のコラボレーション!店内に巨大影絵アートが設置されました!

Pocket

かかし座の影絵を、回転寿司で有名な「くら寿司」の店舗内に飾る試みがスタートしました!

まずは奈良・学園前店、そしてNewオープンの東京・高島平店にて、
なんと約1m×10mサイズの影絵が店内に設置され、どの席からも楽しめるようになっています。

影絵を通してお客様に「癒やし」や「安らぎ」を感じていただき、
よりくら寿司を楽しんで頂きたいというくら寿司さんの熱い想いから、今回のかかし座とのコラボレーションが決まりました。

デザインは、ほたるをテーマにした和の幻想的な風景。タイトルは「蛍幻想〜蛍が彩るやさしい世界〜」です。
それぞれのお客様が、自分だけの思いを投影できるような、影絵ならではの楽しみ方ができる情景が広がっています。
繊細なハーフトーン・シルエット※の透明感と色合いがとても綺麗ですよ!


まだ2店舗だけでの試験導入ですが、今後更なる展開があるかも!?
皆さんも是非お寿司と影絵のコラボレーション、お店で味わってみてくださいね。

東京 高島平店の様子

奈良 学園前店の様子

※ハーフトーンシルエットとは
かかし座の創立者、とうたいりうが考案し、その後かかし座で研究・発展させてきた影絵の製作に用いられる技法です。従来の白と黒で表現する技法に対して、光を通す薄い紙を2枚、3枚と重ねることによって光に濃淡をつけ、白と黒の間にたくさんの階調をつける表現を可能にしました。

▲かかし座ホームページ トップへ戻る

kakashizaについて

劇団かかし座は、日本で最初にできた影絵の専門劇団です。(1952年創立) 影絵の世界は人々の心を無限の想像へ駆り立てる、ふしぎな性質と魅力をもっています。 この性質と魅力をもって「たくさんの人々の心に夢を育てたい」という思いで、創立以来独自の手法で影絵の世界を拓き、多くの作品を生み出してきました。 現在は影絵の映像手法を積極的に採り入れた舞台作品をはじめ、出版、テレビ、映像作品などの総合エンターテイメントを全国に発信しています。 かか し座は、影絵による総合パフォーマンスを発信しています。 ・影絵ビジュアルの制作、提供 ・影絵劇の制作、上演  ( 小 学校・幼稚園・保育園での演劇鑑賞教室や観劇会、ホール公演など) ・手影絵パフォーマンスの制作、上演 ・TV・映画・ミュージックビデオ・WEB・書籍等への出演、指導、監修