「angelaのミュージック・ワンダー☆大サーカス」に影絵女子参戦!

Pocket

昨年12月30、31日に開催された、atsukoさんとKATSUさんのお二人からなる音楽ユニットangelaのLIVE「angelaのミュージック・ワンダー☆大サーカス」にかかし座から影絵女子のかよっぺ(菊本香代)、さく(櫻本なつみ)、ゆーゆ(松本侑子)、ちっぴ(梅原千尋)の4名に加え、周ちゃん(飯田周一)とおいちゃん(石井世紀)の計6名が参加させていただきました!

DSC_0803

angelaさんといえば、大人気アニメーションの主題歌、挿入歌等を多数手掛けられ、多くのファンから絶大な支持を得ている、まさに時代を象徴するアーティスト。
そして、会場はリニューアルされたばかりの渋谷公会堂(LINE CUBE SHIBUYA)!
参加メンバーの士気たるや、それはもう上がりまくりでした。

「大サーカス」と銘打っているだけあって、ステージ上には大きな象(ぱおちゃん)やクラウンチームも登場し、バンドメンバーやホーンセクションのメンバーが立ち並び、ダンサーたちがエネルギッシュなダンスを繰り広げる、渋谷公会堂がまさに大きなサーカス会場と化すスケールの大きなLIVE!

1回のステージが優に3時間に達する、パワフルで、クールで、お腹の底から笑える要素も満載のLIVEの中で、かかし座に依頼されたパートは、新曲「君を許すように」でのハンド・シャドウ・パフォーマンス。
大人気アニメーション「蒼穹のファフナー」の最新劇場版の衝撃的なラストからエンディングで流れる、新曲の美しいバラードの世界観を表現させていただきました。
お話をいただいたのは、実は12月に入ってしばらくしてからのことであり、時間との格闘もありましたが、周ちゃんとかよっぺがそれぞれ、絵コンテを練り、それをかかし座代表の後藤圭がブラッシュアップした、少女のもとから巣立ち、様々な試練を経て、再び少女のもとに舞い戻る一羽の鳥の物語が出来上がりました。(あの伝説の生き物は、かよっぺの案として当初から登場していました)

既にラジオでangelaのお二人が語られているように、当初のラストは、一羽の鳥しか登場しませんでしたが、絵コンテをご覧になったatsukoさんとKATSUさんから、「可能であれば」という前提で提言いただいた、新しいヒーローの鳥が登場し、やがて育まれる愛を経て新しい生命の誕生まで描くという物語に仕上がりました。結果として、お二人の提言のおかげで、本当に素晴らしいパフォーマンスになったと自負しております。

今回の参加にあたって、影絵女子は、ちっぴが主に担当した新たなサーカス風の衣装を纏い、周ちゃんは人生初の(?)金髪となり(ただ、あまりに自然過ぎて周囲から「ずっと金髪だったのでは」と言われています)、おいちゃんは初対面のatsukoさんにメンバー紹介の際、「あなたは?ちょびひげさん?」と呼ばれたり(まぁ、それでも大差ないんですが)、いろいろありました。

DSC_0796

本来はかかし座は「君を許すように」のみ参加のつもりだったのですが、一斉にタオルを振り回してのダンスで盛り上がる「Shangri-La」(あまりにノリノリになったちっぴがタオルを放り投げた際、ぱおちゃんのエリアに落としてしまい、スタッフさんに拾っていただいたのは内緒です)、全出演者がはち切れんばかりの笑顔でステージ上をところ狭しと跳ね回る「cheers!」、そして今は星になってしまった大切なひと達への想いを込めた「Peace of mind」の3曲に参加させていただき、初参加ながら「~大サーカスメンバー」=angelaファミリーの一翼を担わせていただけたことは本当に光栄で誇らしい体験でした。

今回、初めてangelaさんのLIVEに参加させていただいて強く感じたのは、力強く、かつ流麗で、テクニカルで、時にユーモラスなパフォーマンスで観客を魅了するatsukoさんとKATSUさんのステージは、観聴きする者、すべて、誰一人として置いていかずに、一緒に高みへ連れて行ってくれる最高のLIVEだということ。
それと同時に、共に今までangelaの世界を創ってきた大切なひと達を、一瞬たりとも忘れずに、たとえその場にいなくても、今も、そしてこれから先も、ずっと自分たちの世界の一部として大切にしていこうとするお二人の想いの深さ。

atsukoさん、KATSUさん、関係者の皆さま、かかし座にお声がけいただき、本当にありがとうございました!
間違いなく「控え目に言って人生最高のLIVE」でした!

DSC_0047

現在ストリーミング配信中のラジオ番組「angelaのsparking!talking!show !」でも、かかし座のパフォーマンスについてコメントをいただいています。
ぜひお聴きください!

angelaのsparking!talking!show !

kakashizaについて

劇団かかし座は、日本で最初にできた影絵の専門劇団です。(1952年創立) 影絵の世界は人々の心を無限の想像へ駆り立てる、ふしぎな性質と魅力をもっています。 この性質と魅力をもって「たくさんの人々の心に夢を育てたい」という思いで、創立以来独自の手法で影絵の世界を拓き、多くの作品を生み出してきました。 現在は影絵の映像手法を積極的に採り入れた舞台作品をはじめ、出版、テレビ、映像作品などの総合エンターテイメントを全国に発信しています。 かか し座は、影絵による総合パフォーマンスを発信しています。 ・影絵ビジュアルの制作、提供 ・影絵劇の制作、上演  ( 小 学校・幼稚園・保育園での演劇鑑賞教室や観劇会、ホール公演など) ・手影絵パフォーマンスの制作、上演 ・TV・映画・ミュージックビデオ・WEB・書籍等への出演、指導、監修