調布FM「ラジオボンバー」に菊本香代、城田龍生が出演!

Pocket

調布FMの人気長寿番組「ラジオボンバー」のコーナー“芝居のススメ”に、菊本香代と城田龍生がゲストとしてお邪魔しました。

「ラジオボンバー」の顔、人気パーソナリティの林あやさんと

「ラジオボンバー」の顔、人気パーソナリティの林あやさんと

「ラジオボンバー」は、週土曜日午前9時~12時までの生放送。熱心なファンがSNSでリアルタイム実況するなど、広く愛されている長寿番組です。
中でも“芝居のススメ”はプロ、アマ問わず、様々な劇団がパーソナリティの林あやさんと軽快なトークを繰り広げつつ、公演の宣伝をさせていただける、こちらも長寿企画です。

今回、かかし座は初出演ということで、劇団の活動内容や、出演した菊本と城田のかかし座との出会いのエピソードから、両名がキャストとして出演する『ごめんね、ありがとう!-るる島の秘密-』のお話まで、およそ30分間に渡ってお話させていただきました。

こちらの内容は番組サイトから音声配信されていますので、ぜひチェックしてみてください↓

【芝居のススメ】 『劇団かかし座』 (3/2 OA)

D0peE9vVAAAotns

 

kakashizaについて

劇団かかし座は、日本で最初にできた影絵の専門劇団です。(1952年創立) 影絵の世界は人々の心を無限の想像へ駆り立てる、ふしぎな性質と魅力をもっています。 この性質と魅力をもって「たくさんの人々の心に夢を育てたい」という思いで、創立以来独自の手法で影絵の世界を拓き、多くの作品を生み出してきました。 現在は影絵の映像手法を積極的に採り入れた舞台作品をはじめ、出版、テレビ、映像作品などの総合エンターテイメントを全国に発信しています。 かか し座は、影絵による総合パフォーマンスを発信しています。 ・影絵ビジュアルの制作、提供 ・影絵劇の制作、上演  ( 小 学校・幼稚園・保育園での演劇鑑賞教室や観劇会、ホール公演など) ・手影絵パフォーマンスの制作、上演 ・TV・映画・ミュージックビデオ・WEB・書籍等への出演、指導、監修