六甲オルゴールミュージアム特別展でかかし座の影絵映像を上映!


「影絵とオルゴールが紡ぐアンデルセンの物語」

2018年9月8日(土)~11月25日(日)

 

六甲オルゴールミュージアムにて、かかし座の制作した影絵映像と、アンティーク・オルゴールなどの生演奏がコラボレーションした特別展「影絵とオルゴールが紡ぐアンデルセンの物語」が開催されます。

独創的な手影絵映像と、やさしいオルゴールの音色が一体化し、どこか懐かしさを感じる一方で、これまでに無いアンデルセンの童話の世界を鑑賞できる上演イベントです。

【開催日時】
2018年9月8日(土)~2018年11月25日(日)

【上演時間】
10:30~16:30の間、毎時30分から各回約15分間
※毎時00分から別プログラムのコンサートも実施しています。
※入館料のみでご参加いただけます。

【上演作品】(2本同時上演)
『みにくいあひるの子』
『おやゆび姫』

【上演作品概要】
人の手を使った影絵「手影絵」で表現した、アンデルセン童話『みにくいあひるの子』と『おやゆび姫』の映像と、アンティーク・オルゴールなどの自動演奏楽器の音色をコラボレーションして上演します。
視覚や聴覚を使って作品を鑑賞し、劇場のような臨場感ある空間を演出します。

『おやゆび姫』の一場面

『おやゆび姫』の一場面

上演イメージ

上演イメージ

 

◆六甲オルゴールミュージアム
【TEL】
078-891-1284
【FAX】
078-891-0111

【入館料】
大人(中学生以上)  1,030円/小人(4歳~小学生) 510円

【営業時間】
10:00~17:00(16:20受付終了)

【休館日】
会期中無休

【所在地】
神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145

コメントは受け付けていません。