よみうりランド 光と影のアートマッピング1&2、盛況のうちに終了

Pocket

東京都稲城市の遊園地「よみうりランド」で、2017年9月から12月までの期間に上演されていた、「光と影のアートマッピング」のシリーズが、12月26日をもって盛況のうちに終了しました。

この作品は、弊社かかし座の手影絵と、プロジェクションマッピングがコラボレーションするという、史上初の試みです。期間中は、「光と影のアートマッピング シャドウハロウィンナイト」、「光と影のアートマッピング2 ランタン妖精たちのクリスマス物語」の2作品を上演しました。

キャストは、手影絵のみならず、衣装も着てキャラクターに扮し、演技やダンスシーンも披露。クリスマスではハンドベルの演奏もあり、バラエティあふれるステージをお届けしました。

期間中は、推計4万5千人以上のお客様にご覧頂けました。特にクリスマスシーズンには、会場となった太陽の広場前はお客様で埋め尽くされていました。

また、毎ステージ終了後には手影絵のミニワークショップも実施し、冬の寒い中にもかかわらず、小さいお子様から大人の方まで幅広くご参加頂きました。

遊園地での連日のパフォーマンスは、かかし座としては初めてでしたが、お客様には大変喜んで頂けたようです。

kakashizaについて

劇団かかし座は、日本で最初にできた影絵の専門劇団です。(1952年創立) 影絵の世界は人々の心を無限の想像へ駆り立てる、ふしぎな性質と魅力をもっています。 この性質と魅力をもって「たくさんの人々の心に夢を育てたい」という思いで、創立以来独自の手法で影絵の世界を拓き、多くの作品を生み出してきました。 現在は影絵の映像手法を積極的に採り入れた舞台作品をはじめ、出版、テレビ、映像作品などの総合エンターテイメントを全国に発信しています。 かか し座は、影絵による総合パフォーマンスを発信しています。 ・影絵ビジュアルの制作、提供 ・影絵劇の制作、上演  ( 小 学校・幼稚園・保育園での演劇鑑賞教室や観劇会、ホール公演など) ・手影絵パフォーマンスの制作、上演 ・TV・映画・ミュージックビデオ・WEB・書籍等への出演、指導、監修