【出演情報】東京藝術大学・藝大プロジェクト2016に影絵劇で出演します!

Pocket

東京藝術大学・藝大プロジェクト2016「サティとその時代 ~世紀末からベル・エポックへ」
第2回「キャバレー文化とクラシック」にて、エリック・サティの『ジュヌヴィエーヴ・ド・ブラバン』を影絵劇で演じます。

生誕150年のフランスの作曲家、エリック・サティ。
この作品は、サティの死後にピアノの裏から発見されたというもの。
台本が行方不明だったため、追悼演奏会では人形劇付きのミニ・オペラで上演されましたが、近年の研究ではもともと影絵芝居のための作品だったのではと推察されています。

今回はその本来の(?)姿を蘇らせるべく、かかし座が影絵人形を製作、劇団員と藝大学生との共同操演でお贈りします!

滅多に見られないかかし座とサティのコラボレーションをぜひお楽しみください!
詳細はリンク先ホームページへ!

日時:2016年6月25日(日)14:00開演(13:30開場)
会場:東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
主催・お問合せ:東京藝術大学演奏藝術センター(TEL:050-5525-2300)
ホームページ:http://www.geidai.ac.jp/container/sogakudo/44463.html
詳しくはこちら(チラシPDF1.0MB)

e0839fdefa5c839c3d517041a2339367-e1461118294655

kakashizaについて

劇団かかし座は、日本で最初にできた影絵の専門劇団です。(1952年創立) 影絵の世界は人々の心を無限の想像へ駆り立てる、ふしぎな性質と魅力をもっています。 この性質と魅力をもって「たくさんの人々の心に夢を育てたい」という思いで、創立以来独自の手法で影絵の世界を拓き、多くの作品を生み出してきました。 現在は影絵の映像手法を積極的に採り入れた舞台作品をはじめ、出版、テレビ、映像作品などの総合エンターテイメントを全国に発信しています。 かか し座は、影絵による総合パフォーマンスを発信しています。 ・影絵ビジュアルの制作、提供 ・影絵劇の制作、上演  ( 小 学校・幼稚園・保育園での演劇鑑賞教室や観劇会、ホール公演など) ・手影絵パフォーマンスの制作、上演 ・TV・映画・ミュージックビデオ・WEB・書籍等への出演、指導、監修