童心に返る時間

今日の下呂はとてもいい陽気、風も穏やかで少し汗ばむくらいでした。しらさぎ座内も観劇するには良い環境になってきましたよ。

最近、ご観劇頂いたお客様に終演後お話を聞くと、「童心に返って、楽しませてもらいました。」というお言葉を頂けるようになりました。
時間を忘れ、目の前にある物を純粋に心の底から楽しむ。子供の頃はよくやっていた事の様に思いますが、大人になるにつれてなかなか・・・。
そんな時間をお客様が感じて下さっている事に喜びを感じ、その機会に感謝しつつ、明日も頑張ろうと身の引き締まる思いが致しました。 

 

PAP_0852

ノアザミかな? 

 

PAP_0850

旧大戸家住宅の裏庭、合掌村のスタッフさん達が心を込めて描きます。 

 

PAP_0851

大戸家の池のキンギョたち。皆生き生きと泳いでいますよ!だいぶ大きくなったかな? 

 

 

  

*今日のお客様 

PAP_0853

京都からの “カナデちゃんとアオイちゃん” ファミリーです。「力持ち小太郎」を最後まで観てくれましたよ〜 (^-^)/ 

   

PAP_0854

大垣からの仲良し3人組でーす♥ お揃いの服も素敵ですね〜♪  

 

PAP_0855

名古屋からのカップルです! 急須と湯呑みは完璧ですね☆ 

    

  

皆様、本日もご観劇下さりありがとうございました。

 

 

*夕食の準備中!       

PAP_0857

今日の夕食は私の大好きな、鰹のタタキでございます!新タマネギをどれだけ薄く切れるかが美味しく食べられるポイント!

PAP_0858 PAP_0859

これは昔の話・・・料理の師匠である井ノ上氏に「これは千切りですか!?」と言われてから、千切り修行の日々が始まりました。
そして今日も千切りチェックが入ります。  

PAP_0860

鰹のタタキ、煮物、水菜と新タマのツナコーンサラダ、これにハマグリのお吸い物、今晩はこれで決まり!!

 

  

*差入れ 

PAP_0856

毎年来て頂く名古屋からのお客様からクッキーの差入れを頂きました!

「いつ観ても面白いわ!」と嬉しいお言葉も頂きました♪

 

 

write  賀来

       

コメント / トラックバック2件

  1. 齋藤啓治 より:

    井ノ上さん、みなさん

    いつもお疲れ様です。

    そうですね。忘れかけた日本人の心=童心を純粋に感じていただけたら、この影絵劇場の役割の一つが果たせたように思いますね。

  2. かかし座 賀来 より:

    齋藤啓治さん、コメントありがとうございます。

    私は下呂合掌村に初めて訪れた時、何とも懐かしく心が躍りました。
    あれは、自分の中にある日本人の心に触れた瞬間だったのかも知れません。

    人はそれぞれ感じ方があると思いますが、下呂合掌村という空間と我々の影絵劇が相まって、お客様の心が震えるようなお芝居を創りたいと思っております。

コメントをどうぞ